仙台市太白区「とりうみ整体院」頭痛の薬

頭痛の薬

 

こんにちは、仙台市太白区の頭痛治療が得意なとりうみ整体院です。

 

頭痛にお困りの方であれば一度は頭痛薬を使用したことがありますよね?

 

頭痛の薬の成分

 

@解熱鎮痛剤(頭痛の痛みを抑える成分です)

 

○イブプロフェン・ロキソプロフェン
市販の頭痛薬にも多く含まれ、一般的な鎮痛薬です。
炎症を伴う痛みに効くとされています。

 

○アセトアミノフェン
非ピリン系の解熱鎮痛薬。小児の解熱によく用いられる。
内臓(胃や腸への負担も少ないとされています)

 

○アスピリン(アセチルサリチル酸)
非ピリン系の薬品であり、比較的幅広く使用されているが、胃腸障害の副作用があることもあるので長期の使用はなるべく避ける様にする。

 

○エテンザミド
エテンザミドは脳の脳幹にある体温調節中枢に作用することで、発熱に対して解熱作用を発揮します。痛覚中枢の興奮を抑制する鎮痛作用もあり、風邪などの諸症状に対して効き目のある代表的な解熱鎮痛剤として使われます。アセチルサリチル酸(アスピリン)やイブプロフェンなどに並ぶ安全性の高い解熱鎮痛剤であり、エテンザミドはノーシンやセデス、ナロンエースなど多くの市販薬にも配合されています。

 

○イソプロピルアンチピリン
ピリン系。脳で痛みをブロックする作用が強い。

 

A催眠鎮静剤
痛みの反応を鈍感にさせて、鎮痛剤の効果を高めます。
○ブロムワレリル尿素
○アリルイソプロピルアセチル尿素 など

 

B制酸剤
鎮痛剤による胃の不調を抑えます
○合成ケイ酸アルミニウム
○合成ヒドロサルタイト
○メタケイ酸アルミン酸マグネシウム など

 

C生薬
鎮痛剤による胃の不調を抑えます鎮痛作用があります
○シャクヤク など

 

Dその他の成分
頭をすっきりとした感じにします
○カフェインなど

これらの成分が配合されることで、頭痛薬として販売されています。


頭痛薬を飲んでいると・・・

頭痛がある場合は、薬を飲むことによって痛みが鎮まると思います。

 

しかし、それで根本的に頭痛が治ったとは言えません。

 

実際に薬を飲むのをやめてから、またすぐに頭痛が出る様になったという方は非常に多くいらっしゃると思います。

 

頭痛の一番の原因は何なのか?

 

それは・・・

 

身体のゆがみによる、脳脊髄液の循環の悪さです。

 

身体のゆがみを整える事で、この脳脊髄液の循環が活性化されます。そうする事であなたのつらい頭痛も改善していくでしょう。

 

つらい頭痛にお悩みの方はぜひ、仙台市太白区のとりうみ整体院までご相談ください。


トップメニュー お客様の声 料金について 施術の流れ アクセス 初めての方へ お問い合わせ