仙台市太白区「とりうみ整体院」腰痛の種類について

腰痛の種類について

 

こんにちは、宮城県仙台市太白区のとりうみ整体院です。

 

「どうして腰痛になるのか?その@」では腰痛の一般的な原因について詳しくお話しさせていただきましたが、今回は腰痛にはどのような種類があるのかお話しさせていただきます。

 

一口に「腰痛」と言っても、腰痛にはいろいろな種類があります。


 

腰痛には一体どんな種類があるの?

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは椎骨と椎骨の間に椎間板というクッションの役割をするものが存在します。

 

通常であればそれが動いて椎骨同士を支える事により、連動して動くことができます。

 

この椎間板が弾力を失い中に入っている髄核という物質が外に飛びだして、近くを流れている神経を圧迫することで足のしびれや、腰の痛みが起こります。

 

主に前かがみになったり、それを戻す際に痛みがでることが多いです。

 

加齢によるものもあれば、体の使いずぎにより腰痛として発症する場合もあります。

 

椎間関節症

まず椎間関節とは、椎骨(腰の骨)の上の下関節突起と、下の骨の上関節突起という部分が連結している関節をいいます。

 

この関節は身体や腰を動かす際に連動して動く関節であり、主に使い過ぎによって椎間関節に炎症が起こります。

 

それによって引き起こされる主な症状は、起床時(朝方)に強い痛みが出現しなかなか起き上がることができません。

 

起き上がってしばらく動いていると、腫れが次第に引いてくるので徐々に痛みを感じなくなります。

 

筋膜性腰痛

筋膜性腰痛は文字通り、筋肉が原因でおこる腰痛です。

 

だいたいは急性のものや、亜急性のものに大別されます。腰の使い過ぎや、同じ姿勢で長時間作業していると筋肉に疲労が溜まり炎症が起きたりします。

 

よく、ぎっくり腰などと言われていますが「仙腸関節」によるものと、「筋膜性」によるものに分けられます。

 

腰の痛みがあっても、骨などに異常は無いのでレントゲン写真からは異常の原因を断定することができません。

 

一般的に腰痛の大部分を占めているのがこの「筋膜性腰痛」です。

 

神経系腰痛

これは腰の神経が何かの原因により圧迫されひきおこされる腰痛になります、「脊柱管狭窄症」などがこのタイプです。

 

腰椎が変形することによりそれが神経を圧迫してしびれや痛みを引き起こすものが多いです。

 

前回の「どうして腰痛になるのか?」と今回の「腰痛の種類」では、腰痛の一般的な知識についてお話させていただきました。

 

次回はみなさんも知らない「腰痛の本当の原因」についてお話させていただきます!


トップメニュー お客様の声 料金について 施術の流れ アクセス 初めての方へ お問い合わせ