仙台市太白区「とりうみ整体院」頭痛の治療方法について@

年末年始の営業については「営業カレンダー」をご覧ください。

頭痛の治療方法@

 

こんにちは、宮城県仙台市太白区のとりうみ整体院です。

 

みなさんは頭痛の治療と聞くとどんなものを思い浮かべるでしょうか?

 

今回は頭痛の一般的な治療についてお話させていただきます。

 

頭痛の治療その@

投薬

 

頭痛治療で最もポピュラーなのがこの薬による治療になります。

 

頭痛の薬には痛みが出た場合に落ち着かせる急性期治療薬(頓挫薬)と、頭痛を出にくくする薬の2種類があります。

 

急性期治療薬(頭痛が出た時の対処)として用いられる薬には、病院で処方されるトリプタン系薬剤やエルゴタミン製剤のほか、薬局で購入できる市販の鎮痛薬などがあります。

 

トリプタン系薬剤とは?

 

頭痛は血管が拡張した際に周囲の神経を刺激することにより起こります。

 

そして三叉神経が刺激され「神経ペプチド」と呼ばれる神経物質が放出され頭痛の症状を引き起こします。

 

それが更に血管を拡張させ、炎症を起こすことにより頭痛を悪化させます。

 

トリプタン系の薬は脳の血管に作用して、広がった血管を修正し、三叉神経からの神経ペプチド伝達を抑える効果があります。

 

さらに神経が受けた刺激の情報が大脳に伝達されるのを抑制し、頭痛だけでなく、吐気や嘔吐、光過敏・音過敏などの症状を抑える効果もあります。

 

エルゴタミン製剤とは?

 

この薬は、血管を収縮させる作用があり脳の血管の拡張を防ぐことによって頭痛を抑える効果があります。

 

しかしこのエルゴタミン製剤は頭痛の症状が出てからでは効果が薄く、頭痛の前兆期に服用しなければなりません。

 

また、エルゴタミン製剤の服用によって吐き気がみられることがあり、まれに、めまい、手足のしびれなどの副作用があらわれることがあります。

 

上記の症状が現れたときは、速やかにお医者さんに相談しましょう。

 

市販の頭痛薬

 

市販の頭痛薬だとバファ○ンやロキ○ニン等があります。

 

トリプタン系の頭痛薬が、頭痛の原因に働くのに対して市販の頭痛薬はずでに起こっている炎症(頭痛)にたいしての鎮痛剤となります。

 

頭痛発作時の初期や、前兆期に服用することで効果が期待できます。

 

しかし頭痛薬を常習的に服用することで「薬剤の過剰使用による頭痛(薬物乱用頭痛)」を引き起こす恐れがあるので注意が必要です。

 

 

頭痛でお悩みのみなさんの中にも「頭痛薬」を常用している方は多いのではないでしょうか?

 

頭痛薬は便利なものですが使い方を間違えると怖いものです。

 

使用の際は使用頻度などご提案いたしますのでお気軽にご相談ください。



トップメニュー お客様の声 料金について 施術の流れ アクセス 初めての方へ お問い合わせ