仙台市太白区「とりうみ整体院」産前・産後の骨盤矯正

妊娠中の骨盤

 

こんにちは、宮城県仙台市太白区のとりうみ整体院です。

 

妊娠・出産を経験したことがある女性の方ならば一度は耳にしたことがある言葉「骨盤が開く」。

 

では一体この骨盤が開くというのはどの状態を表すのか?

 

まず骨盤とは左右一対の寛骨(恥骨・坐骨・腸骨)と仙骨で形成されています。

 

この骨盤が妊娠することで、赤ちゃんの大きさや、ホルモンの影響で徐々に出産の準備をするために緩みながら開いてくるのです。


出産時の骨盤

出産が近くなるにつれて更に赤ちゃんが大きくなり、骨盤も開いていきます。

 

妊娠・出産を経験した女性であれば、骨盤が開くのはごく自然な流れであり、坐骨が開いた状態でないと、出産の際に胎児の頭が通りません。

 

安定期から出産までは、胎児がどんどん大きく成長しますので、ゆっくりと時間をかけて骨盤が開いてきます。

 

そして臨月になると骨盤が更に開き、出産時に子宮口が開き出産となります。


出産後の骨盤

出産後は開いた骨盤が時間をかけてゆっくりと元の位置に戻ろうとします。

 

ここで「骨盤ベルト」をつけてみたり、運動・トレーニングをしたり、骨盤矯正など整体を受けられる方が多いと思います。

 

出産後に「太った」「むくみがひどくなった」「腰痛が出た」「肩こりがひどい」「頭痛がしんどい」などと、体に不調を訴える方がとても多いです。

 

このようにならない為にも、出産前・出産後の骨盤矯正が重要になってきます。

なぜ産前・産後の骨盤矯正が重要なの?

先程説明した通り妊娠、出産時に骨盤は開いてきますが、骨盤がゆがんだり、硬い状態で放置していると色々なデメリットが発生します。

 

お腹の赤ちゃんにも影響する

骨盤のゆがみ、お母さんの体のゆがみはお腹の中にいる赤ちゃんにも影響します。

 

お母さんの体は赤ちゃんにとって家みたいなもので、お母さんの体(家)がゆがんでいたりすると赤ちゃんも住み心地が悪く負担がかかります。

 

出産時に母体に負担がかかる

骨盤がゆがんでいたり、体のゆがみがヒドイ場合は出産時の骨盤の開きが悪くなりやすく、出産に時間がかかったり、痛みがひどくなったりします。

 

特に赤ちゃんの頭が産道を通る際の「尾骨」というお尻の骨の開きが悪く負担がかかりやすいです。

 

産後に不調が出やすい

骨盤がゆがんだ状態で出産するので、産後も骨盤のゆがみがひどくゆがんだ状態で骨盤が元の位置に戻ろうとします。

 

その影響で、産後太りや腰痛、頭痛、むくみなど様々な体のトラブルが起こります。

 

これらのデメリットを無くすためにも、妊娠中、産前、産後の骨盤矯正・整体は重要になります。

 

しかし、巷では間違った骨盤矯正・整体が非常に多くあふれかえってます。

 

そういうところで逆に身体に負担がかかり、症状を悪化させている場合もあります。

 

骨盤矯正・妊婦さんの整体ならぜひ一度ご相談ください!!



トップメニュー お客様の声 料金について 施術の流れ アクセス 初めての方へ お問い合わせ