仙台市太白区「とりうみ整体院」健康お役立ち情報

首のゆがみと腰痛

 

こんにちは!仙台市太白区の慢性症状専門「とりうみ整体院」です。

 

今回は首のゆがみと腰痛の関係についてお話させていただきます。

 

今現在、首の痛み、肩こりなどでお悩みの方は多いかと思いますが、その方たちに共通点が一つあります。

 

それは・・・「首が悪い方は、ほとんどの割合で腰痛もある」という事です。

 

なぜかというと、体の中心部を背骨(椎骨)が通っていまして、その背骨の周りには筋肉がついています。

 

腰と首は元々離れていますが、腰と首とで直接繋がっている筋肉もありますし、間接的にも筋肉を介してつながっています。

 

そして何よりも背骨は首も腰も全部1本でつながっています。

 

では、なぜそれが腰痛に関係しているのでしょうか?


腰痛の原因が首のからくる理由

先程お話した通り、首と腰は筋肉、骨によって繋がっています。

 

だから、首の動きが悪くなったり首に不調があると筋肉を介して腰にも影響が出てくるのです。

 

これが腰痛の原因にもなります。

 

立ってる状態で背骨を横から見た場合、通常、軽いS字状となっています。

 

ストレートネック(首の骨の生理的前弯が少ない状態)の人に腰痛が多いのも、筋肉が関与しているからです。

 

ストレートネック自体も筋肉の緊張によりもたらされていますので、無理やり骨の並びだけを矯正しても周囲の筋肉が緊張したままだとストレートに戻ります。

 

さらに、無理やりの矯正で緊張が強くなり痛みを誘発することも考えられます。

 

周囲の筋肉の緊張をゆるめることが重要です。

 

したがって逆のパターンもあります、腰の筋肉の緊張が首に影響することも多々あります。

 

むち打ち、寝違え、首の痛みがしつこくなかなか改善しない場合腰の調整で首の動きが楽になったりします。

 

このように、腰と首はお互いに影響しあい、首の不調が腰痛としてあらわれることがあるのです。

首の痛み、腰痛が出る前のケアが大事

 

人間はどうしても強い痛みが出ない限りは、対策をとる人が圧倒的に少ないです。

 

痛みが出たころには、首の状態、腰の状態は悪化していることが多々ありますので、「なんか首がこってきたな」「腰が張ってきたな」

 

と思ったら早めの受診をお勧めします。

 

心当たりがある方はぜひ、仙台市太白区のとりうみ整体院までご相談ください。


トップメニュー お客様の声 料金について 施術の流れ アクセス 初めての方へ お問い合わせ