仙台市太白区「とりうみ整体院」夏の体の冷え

年末年始の営業については「営業カレンダー」をご覧ください。

夏の体の冷え|仙台とりうみ整体院

こんにちは、仙台とりうみ整体院です。

 

今回は「夏の体の冷え」についてお話させていただきます。

 

この記事を書いている現在は7月頭ですが、仙台も梅雨まっただ中で雨降りが続いたり、気温が上がったり蒸し暑い日が続いております。

 

不快指数が高くなると使用頻度が増えるもの、それはエアコンです。

 

近年では地球温暖化の影響もあり、年々平均気温が上昇傾向にあります。

 

それによりエアコンの使用頻度が増し、今では就寝時にもエアコンをつけっぱなしで寝る方も多いと思います。

 

そして夏場に体を冷やす原因になるもう一つの要因として、冷たい飲料水・食べ物です。

 

暑い時期はどうしても食欲が落ち、冷たい飲み物や、冷たい食べ物を好んで口にする機会が多くなります。


体が冷えるとどうなるの?

夏場のエアコン、冷たい飲食物によって体が冷えるとどういう影響があるのでしょうか?

 

@体の血流が悪くなり筋肉が硬くなる

 

エアコンで体が冷えたり、冷たいものばかり口にしていると必然的にカラダ全体が冷たくなります。

 

そして血流も悪くなりますので、筋肉も硬くなりやすく肩こり・腰痛などが発症したり悪化しやすくなります。

 

A内臓の冷えによる食欲不振・体調不良

 

冷たい飲食物・エアコンは体の表面だけではなく、体の内側つまり内臓の温度も下げてしまいます。

 

内臓の温度低下すると内臓本来の機能が悪くなってしまったり、食欲が落ちたり、冷え性・むくみにもつながります。

 

これらの内臓の冷えも肩こり・腰痛・頭痛・慢性疲労に関係しています。

 

B睡眠をとっても疲労が抜けにくくなる

 

@で説明した通り、筋肉も固まってしまうので当然疲労感も翌日に持ち越してしまいます。

 

特に夏場は就寝時のエアコンの使用が影響して体が冷えてしまい、慢性疲労をかかえる人が多いのも事実です。

夏の体の冷えと整体

7月〜9月までは暑い日が続きます。

 

どうしてもエアコンの使用、冷たい物の摂取しないと体力的に維持できないこともあります。

 

しかし、過度なエアコンの使用・冷たい物の取り過ぎはかえって体に負担をかけ、あなたの健康を害する恐れもあります。

 

最近は便利な世の中になってきましたが、自分の健康・体の状態にも意識を向け体調管理をしっかり行いましょう。

 

慢性的な体の冷え・疲労感に対しては整体を受けて体の歪みを整える事も有効です。

 

もしあなたが体の冷え・慢性疲労感にお悩みでしたら一度ご相談ください。


トップメニュー お客様の声 料金について 施術の流れ アクセス 初めての方へ お問い合わせ