仙台市とりうみ整体院「院長ブログ」

お知らせ

6月18日(火)10:00〜14:00まで

産後の骨盤矯正(20代女性)

産後の骨盤矯正|整体経過(20代女性)

 

現在、当院に通われているRさんは2ヶ月前にご出産されて産後の骨盤矯正を受けるために当院に来られました。

 

お話をお聞きすると、妊娠中から仰向けで寝ていると腰から尾骨にかけて鋭い痛みがあり、夜もぐっすり眠れない状態でした。

 

また、歩行時も少し痛みがあり日常生活も大変そうです。

 

分娩時に「バキっ」と音が聞こえたそうで、次の日に整形外科で見てもらったところ「恥骨離開」と言われたそうです。

問診時の症状

◎尾骨痛(仰向けに寝た時)

 

◎腰痛(寝た時・歩行時)

 

◎貧血

 

◎アトピー(軽度)

 

◎眼精疲労

産後のつらい症状の原因

カウンセリングでお話をお聞きし、お身体の検査を行います。

 

産後の骨盤矯正なので、まずは骨盤の歪み・硬さの状態から見ていきます。

 

通常、分娩時は骨盤の後ろ側の仙骨・尾骨・仙腸関節(仙骨と骨盤のつなぎ目)に負荷がかかり緩むことで、赤ちゃんが産道を通って生まれてきます。

 

しかし、今回のRさんは骨盤の後面(仙骨・尾骨・仙腸関節)の動きが悪く硬い影響で、骨盤の前側(恥骨部)に負担がかかり恥骨離開を起こしたものと思われます。

 

恥骨部には圧痛骨盤の後ろ側はズレて固まっている状態でした。

 

次に気になったのが足首の歪み・硬さです。

 

当院の治療では足首を特に重点的に見ています、足首は立って生活するうえで人間の土台になります。

 

家で言うと土台基礎部分ですね、ここがゆがんでしまうと家も傾きますよね?

 

これを人間の体に置き換えると、足首のゆがみによって人間の体もゆがんだり傾いてしまうのです。

 

今回のRさんの場合、足首の歪みが出産前から強かった影響で、骨盤がゆがみ結果的に出産時に恥骨離開を起こしている状態でした。

 

また、内臓は腎臓の状態が悪く体液循環も良くない状態です。

 

特に、妊娠中は内臓の圧迫・血流増加により腎臓に負担がかかります。

 

妊娠中・産後の骨盤矯正、整体は内臓の状態を良くすることも重要です!

仙台とりうみ整体院|産後の骨盤矯正

今回のケースではまず初回から3回目まで、足首の調整・骨盤の調整を中心に行いました。

 

足首を調整してあげると、骨盤の位置も正常に戻りやすいのです。

 

骨盤の調整は恥骨の動きを調整し、産後の体力が落ちている体に負担を掛けぬようにソフトに調整していきます。

 

3回目の整体終了時点でだいぶ仰向けに寝られるようになってきましたので、4回目から内臓・頭蓋骨の調整も行います。

 

Rさんは現時点で5回通院されて、就寝時や生活時に支障がないまでに回復していただきました。

 

あと2回程で身体がいい状態で安定してくると思います。

 

今回のRさんのケースのように、妊娠前や妊娠中の体の状態が悪いと出産時に骨盤に負担がかかり恥骨離開や重症化しやすいです。

 

何より妊娠中の体のゆがみは、お腹の中にいる大事な赤ちゃんにも負担をかけますので、妊娠前・妊娠中から整体を受ける事で母子ともに健康な状態で元気な赤ちゃんを産んでください。

 

仙台市とりうみ整体院が全力でサポート致します。


トップメニュー お喜びの声 料金について 施術の流れ アクセス 初めての方へ お問い合わせ