仙台市とりうみ整体院「院長ブログ」

お知らせ

6月18日(火)10:00〜14:00まで

寝違えの整体|寝違えの原因は足首にあり

寝違えの整体(30代女性)

 

今回、寝違えの治療でいらっしゃったYさんは元々、腰痛の治療のために当院に通われていました。

 

以前は常に腰の痛みがあり、3人のお子さんを育てるお母さんのYさんにとっては腰痛が悩みの種でした。

 

定期的に当院で整体を受けていただき、現在では生活に支障が出ないほど回復していただきました。

 

Yさんは今現在、体の良い状態をキープするために1ヶ月に1度通院されていますが、今回の寝違えは少し特徴的な症状だったのでご紹介したいと思います。

ママさんバレー中に壁に衝突

Yさんはママさんバレーをやっており、週に1回程度練習や試合に参加しているそうです。

 

2日前に練習試合で大きくはじいたボールを追いかけた際に味方のお母さんと一緒に壁にぶつかってしまいました。

 

その際に、右半身を壁にぶつけ味方と交錯して右足首・右ひざをひねりました。

 

衝突直後は特に体の痛みもなくプレーを続行していましたが、次の日から

 

◎左首のハリ感

 

◎右膝の痛み(正座や屈伸時)

 

◎右手首の痛み少々

 

が現れ、急遽来院されました。

寝違えの原因

今回のバレー中のケガの経緯をお聞きし、お身体の検査を行います。

 

一番ひどいのが寝違えの症状でしたので、首の状態からチェックします。

 

左の首は少し炎症(ハレ)がありましたが、ひどく寝違えたような状態ではありません。

 

Yさん本人も寝違えのような痛みはなく、突っ張る感じが強いとのこと。

 

骨盤のゆがみも、前回来てからまだ日が浅い事もありほぼ正常な状態です。

 

次に右足首と右膝の状態を検査していきます、すると右足首と右膝がひどく捻じれてゆがんでいるのが確認できました。

 

今回の寝違えの原因はここにあります。

 

恐らくバレー中に壁に衝突し、味方と交錯した際に右足首・右膝がねじれたものでしょう。

 

それが原因でだんだんとバランスを崩し、やがて寝違えを起こしていたのです。

 

右膝の痛みは、直接膝の捻じれ・足首の歪みが原因ですね。

仙台とりうみ整体院での寝違えの整体

寝違えの治療で重要なのが、極力腫れている患部(左の首)に触らない・刺激を加えないという事です。

 

みなさんは寝違えてしまった時、どのように応急処置を行っていますか?

 

「湿布を貼っています」「痛い所をマッサージしてます」など、実に様々だと思います。

 

寝違えは炎症(ハレ)が出ているものがほとんどです、そこにマッサージや温めるなどの刺激をいれるとかえってハレが出てしまい痛みが増幅する場合もあります。

 

自分で行う応急処置としては、

 

◎保冷剤や氷で冷やす

 

◎冷湿布を貼る

 

がベストです。日にちが経てばハレがひき痛みが徐々に引いてきますが、今回のように右足のゆがみが原因の場合、そちらの治療をしないと回復が遅くなるばかりか、再発しやすい・別な場所に痛みがでやすいなどのリスクが伴います。

 

実際、今回のYさんの寝違えのケースでも痛みの出ている首には触らずに、足首の調整を行うことにより寝違えの痛みは軽減されました。

 

みなさんも万が一寝違えてしまった際は、適切な応急処置・適切な治療を受けましょう。

 

寝違え・首の痛みにお困りでしたら、ぜひ仙台とりうみ整体院にご相談下さい。


トップメニュー お喜びの声 料金について 施術の流れ アクセス 初めての方へ お問い合わせ