仙台市とりうみ整体院「院長ブログ」

お知らせ

6月18日(火)10:00〜14:00まで

腰痛の整体例

腰痛の整体経過例(40代女性)

 

今回は腰痛の整体経過例についてブログを書いていこうと思います。

 

腰痛にお悩みのKさんは、数年前から腰が重苦しくなり当初は近所の整骨院さんでマッサージや電気をかけてもらっていました。

 

今回は小さいお子さんを抱っこした際に腰痛が発症し、ほとんど動けない位だったそうです。

 

そこでいつもの整骨院へ行き電気・マッサージをしてもらい、一時的には良くなりましたが次の日の朝から全く動けなくなってしまい当院にいらっしゃいました。

 

お話を詳しくお聞きすると、10歳の頃に両膝の半月板を手術したそうで、このあたりも非常に気になりました。

腰痛の原因

次に体の検査を行いました。

 

今回は急性腰痛(ギックリ腰)の可能性が高いので、まずは腰周辺の状態から検査していきます。

 

左の仙腸関節(仙骨と左骨盤のつなぎ目)がズレており、左右に広がっている状態でした。

 

その結果、関節が捻挫を起こし炎症が溜まっている状態です。簡単に言うとぎっくり腰ですね。

 

通常の整骨院・整体院であれば、このズレた骨盤や炎症を起こしている箇所の治療をする所がほとんどだと思います。

 

もちろん痛めている箇所の治療も必要ですが、残念ながら今回のKさんのケースは他に治療しなければいけない箇所があります。

 

それは「ヒザ」です。

 

過去の膝の手術の影響で、膝の関節の動きが悪く、それにより足首にまで硬さやゆがみが出ている状態でした。

 

当院の治療ではいつも患者さんにお伝えしていますが、腰痛の原因が腰にあるとは限りません。

 

事実、医学的な研究でも約80%の腰痛は原因不明なものです。

 

内臓で気になる箇所は左の腎臓でした。右の腎臓に比べて左の腎臓の方がズレやすく、これが大腰筋(腰の筋肉)に影響して腰痛を引き起こしていたのでしょう。

当院での腰痛治療

今回の腰痛(ぎっくり腰)の治療では、まず足首や古傷の膝を中心に整体を行いました。

 

足首や膝の状態が良くなるだけでも、腰の可動域(動かせる範囲)が広がり、腰の炎症・ハレがひきやすく早く回復しやすいです。

 

初回〜3回目まで足から腰を中心に整体を行ない、だいぶ生活に支障がないくらいまで腰痛が改善してきました。

 

4回目以降は、頭蓋骨の調整や腰痛をかばって硬くなっていた全身の筋肉を緩めるような整体をしていきました。

 

Kさんは当院にいらっしゃってから、半年以上経ちますが現在ではメンテナンスとして2週〜3週に1度整体に来ていただいてます。

 

一言に「腰痛」と言っても、症状・性別・年齢は様々ですし十人十色です。

 

全く同じ生活習慣を送っている人は誰一人いません、同じ腰痛でもその人に合った治療方法・アプローチの仕方があります。

 

当院ではつらい腰痛にお困りの方のお力になれる様に全力でサポートいたします。

 

もし、あなたがつらい腰痛にお困りでしたらぜひ仙台とりうみ整体院までご相談ください。


トップメニュー お喜びの声 料金について 施術の流れ アクセス 初めての方へ お問い合わせ